ひなたまいの世界

水彩画を中心としたアートや雑貨・小物作りなどの活動をしている、アーティストのひなたまいです。 絵画の作品紹介や小物作りをアップしていきたいと思っています。

手作りのウェディングビーズアクセサリー☆依頼品

time 2016/07/31

こんにちは、ひなたまいです♪

今回から、ウエディング関連の新作記事を3回に分けてアップしていきます!!

第一弾は以前もご紹介した手作りウェディングビーズアクセサリーの新作です。

beads_accessory_2016_01

1月に結婚式を挙げた妹からの依頼で、同じ本のレシピよりスワロフスキーとジルコニアのドロップ型ネックレスとピアスを作りました。

こちらは、すっきりとしたデザインにジルコニアとスワロフスキーのドロップが胸元に輝く素敵なデザインです。

本の難易度も高くなく、一日(数時間)であっという間に完成しました。

sponsored link

ビーズアクセサリー作成時のコツ

ビーズアクセサリーをスムーズに作るための私なりのコツをいくつかご紹介します。

各ビーズをパーツごとに分類しておく

beads_accessory_2016_02

本のレシピには、デザインごとに材料とマークが載っています。

図を見ながら作っていきますので、使用するパーツとマークがすぐに分かるようにビーズケース(パーツクラブで¥100)に種類別のラベルを貼っておきます。

ラベルに合うようにパーツを振り分ければ、準備万端です。
この時に数えられるものは、使用する数ピッタリにしておきます。(そうすれば、編み間違えたりするのを防げます。)

今回は左上の丸小ビーズ以外は全て、個数を数えて用意しました。

樹脂パールの穴は事前にヤスリで整えておく

また今回の様に、パーツに何度かテグスを通す場合には樹脂パールの穴をヤスリで削り、綺麗に整えておくことをおすすめします。楽をして、買ったままの状態で作ろうとすると結局テグスが通らない度にヤスリがけしないとならなくなるので、事前準備は大切なんです。

beads_accessory_2016_03

そして、最後にもう一つ大事なポイントは‥

テグスは釣具用を使う

以前もご紹介しましたが、テグスは釣具用を使用すること。

ビーズ屋さんで買えるテグスより丈夫で、何と言ってもコスパが最高なんです。私が使っているのは   500mで約¥500でした。是非お試しあれ♪

以上のポイントを抑えて、準備すればあっという間にキラキラ輝く素敵なウェディングアクセサリーが出来上がります。

ピアスもとっても可愛いですね♥

beads_accessory_2016_04

当日のイメージ

beads_accessory_2016_05

このデザインなら、式が終わってもお呼ばれパーティなどでも活躍しそうですね。
私も欲しくなっちゃいました!!

次回はリングピローについて書きま〜す♪

それでは、また〜☆

down

コメントする




CAPTCHA


Art

Sweet Little Angel

手作り雑貨

Wedding

文鳥

ひなたまいについて

プロフィール

ひなたまい

ひなたまい

水彩画を中心としたアートや雑貨・小物作りなどの活動をしています。 また、小鳥グッズを「Sweet Little Angel」という名で制作し、時々イベントなどで販売しています。 また、ウェルカムボードやリングピローなどのWeddingグッズも制作しています。